タイの首都バンコクには多くの日本人が住んでおり、日本人向けのサービスが充実していることや初めて海外に行く人でも滞在しやすい場所であることなどから、人気の移住先の一つとなっています。

本記事では、バンコクに移住を予定されている方向けのおすすめのエリアや住居事情等についてまとめていますので、移住前の情報収集にお役立てください。

下記Googleマップの赤のドット線で囲まれているエリアがバンコクです。

バンコクのおすすめ居住エリア

日本人向けサービスが充実しているスクンビットエリア

バンコクにはスクンビット通りという道があります。複数車線がある大通りで、スクンビット通りの上には電車(高架線BTS)が走っています。このスクンビット通りの左右には、多数のコンドミニアムや日系の店舗がかたまっており、住環境が良く住みやすいため、多くの日本人がこのスクンビット通り周辺に住んでいます。

スクンビット通り周辺でも特にアソーク・プロンポン・トンロー・エカマイ・プラカノン・オンヌットの駅周辺は日本人が多く住んでいるエリアとして有名です。

アソーク駅からオンヌット駅があるのはGoogle Map上の以下の青枠のエリアです。

これらの駅周辺には日本語の看板が多数あり、日本語メニューを用意している店舗や日本語対応可能なサービスを提供しているところが多いため、タイ移住において言語面が不安な方でも住みやすいエリアとなっています。

以下、各駅の周辺情報です。

アソーク駅

アソーク駅周辺はビジネス街として多くの企業がオフィスを構えています。日系企業のオフィスも多数あります。高架線BTSと地下鉄MRTが交差しており、乗り換えで毎日多くの人が利用しています。

プロンポン駅

プロンポンは日系のスーパーや飲食店などが多数あるエリアです。駅直結でエムクオーティエやエンポリアムなどの大型ショッピングモールもあり、便利で暮らしやすいエリアです。

トンロー駅

トンローにも日系の飲食店などが多数あります。ホテルやコンドミニアムもたくさんあり、プロンポン同様に、多くの日本人が住んでいます。日本語の看板も多数あります。

エカマイ駅

エカマイにも多くの日本人が住んでいます。駅直結でゲートウェイというデパートがあり、近くにはパタヤやシラチャ方面に向かうバスの発着所もあります。おしゃれなカフェもたくさんあります。

プラカノン駅

プラカノンは下町風情あふれるエリアです。最近では近代的な商業施設ができたり、コンドミニアムの建設が進んだりしているため、プラカノン周辺に移住・引っ越しする方も増えています。

オンヌット駅

オンヌットも下町風情あふれるエリアです。パラカノンとオンヌットは、アソーク~エカマイあたりに比べてコンドミニアムの賃料も安く、ベッドタウンとして住んでいる人が多いです。

日系企業が多数展開!シーロム・サトーンエリア

シーロム・サトーンエリアには昔から多数の日系企業がオフィスを構えており、スクンビットエリア同様に多くの日本人が住んでいます。歓楽街もあることで有名で、多くの日系飲食店が進出しています。

シーロム・サトーンは、Google Map上の以下の青枠のエリアです。

以下、各エリアの周辺情報です。

シーロムエリア

シーロムはバンコク最大の商業地区です。ビジネス街のため、多くのビジネスマンをみかけます。BTSとMRTが交差しており、多方面へアクセスしやすい場所です。

サトーンエリア

サトーンエリアには世界中から有名企業が集まっており、高層ビル・オフィス高級コンドミニアムなどが立ち並んでいる商業地区となっています。

開発が進むMRT(地下鉄)沿線!ラチャダーエリア

ラチャダーは、ラチャダーピセーク通りという大通りのことです。バンコク在住者は「ラチャダー」と略して呼ぶことが多く、ラチャダーの在住者は主に以下5つの駅周辺に住んでいます。

ラマ9世駅、タイランドカルチャーセンター駅、ホイクアン(フアイクワン)駅、スティサン駅、ラチャダーピセーク駅

ラマ9世駅からラチャダーピセーク駅があるのはGoogle Map上の以下の青枠のエリアです。この周辺にも多くの日本人が住んでいます。

ラチャダーにある駅を2つピックアップしてご紹介します。

ラマ9世駅

Rama9世駅周辺はセントラルなどの大型デパートや市場があり、どんどん開発が進められているエリアの一つです。日系企業も多く、賃料も安いことから多くの日本人が住んでいます。

ホイクワン

ホイクワンは下町風情が残るエリアです。日本人以外の外国人も多く繁華街として有名で、昼夜問わず多くの人がいる賑やかな場所です。中華街やシーフード店なども多数あり、グルメスポットという側面もあります。

バンコク物件探しをする方法

初めてバンコクで物件探しをする際は、上記の3エリアで探してみるのが良いかと思います。多くの日本人が住んでいるため、フリーペーパーやインターネット上などで周辺情報をたくさん知ることができ、暮らしやすいかと思います。バンコクの土地鑑がつかめてきたら他のエリアに引っ越しをしてみるのも良いかと思います。

バンコクには日系の賃貸・不動産エージェントが多数おり、バンコクで住居を探している人向けに物件候補の提案や内覧サポートなどを行っています。日系ではないタイローカル賃貸不動産会社に問い合わせて賃貸探しをすることも可能ですが、言語面で不安がある方は日系のエージェントに相談することをおすすめします。

バンコクでは基本的に多くの人がコンドミニアムかアパートに住んでおり、物件紹介もコンドミニアム・アパートの紹介がほとんどになると思います。

賃貸物件の契約はパスポートがあれば可能

賃貸契約の場合は、基本的にパスポートがあれば契約可能です。エージェントさんが契約書のドラフトを作成してくれますので、その書面をもとに契約を進めていきます。

契約期間は基本的に1年契約が多いです。デポジットとして2ヶ月の賃料分+最初の1ヶ月目の賃料を前払いし、入居スタートとするパターンが多いです。

*基本的にコンドミニアムは各部屋ごとにオーナーが異なるので、エージェント仲介のもと、物件を所有しているオーナーと契約関係の決め事をかためていきます。

以上、バンコク移住を考えいている方向けのおすすめのエリアと住居・物件探しをする方法の解説でした。